cover
契約作品 連載中 長編 SF / 戦争

悪役令嬢でもわかる宇宙領地経営 艦隊指揮スキルカンスト令嬢のFラン辺境開拓と領地経営

公開日時:2020年11月13日(金) 18:16更新日時:2021年8月3日(火) 12:15
話数:79文字数:270,517
ページビュー
8836
ポイント
2640
ブックマーク
132
レビュー
1
作品評価
8.9
わたしの評価

あらすじ

クルミア・ティブリス、18歳。ミスク本質王国の第三皇子と婚約していて、今は宇宙一の学園に通っている身。

 

しかし卒業式の数日前、親の不祥事が原因で貴族特権剥奪。

一等貴族から六等貴族へ。

婚約破棄された後に辺境の未開星系、ナニモ74へと追放同然で送り出された。

 

しかしクルミアは、内心では自分の状況を楽観していた。

 

「面倒な宮廷とおさらば。田舎でニート生活できる。これは逆にラッキーでは?」

 

だが、たどり着いた先は「無」だった。

拠点は最小構成の宇宙ステーション(現在建設中)のみ。

惑星は岩の塊、住民ゼロ、産業なし、軍事なし、タキオン通信なし。

そもそも空気の生産体制すら試験稼働中。

 

「現実逃避がはかどる……」

 

それでもクルミアは、現地スタッフと協力しながら、なんとか星系を立て直し、発展させていく。

 

襲いくる宇宙海賊、隣国からの怪しい使者、宇宙ステーションを蝕む害獣(エイリアン)……

数々の問題に立ち向かい、自身の夢「テラシード・ボタニカ」を完成させることはできるのか。

 

クルミアの快進撃が始まる。

レビューを投稿するにはログインが必要です。

全てのレビュー

芳川 見浪
芳川 見浪 投稿日:2月24日

まず私は悪役令嬢モノは他に読んだこと無いので、この作品が悪役令嬢モノとして良い物なのかどうかはわかりません。

 

SFガジェットは基本的に他の作品でも見られる王道なものが多く、SFに慣れてる人なら直ぐに理解できると思います。

またそうでない人でも主人公の言動を見れば大体わかるようになっていると思われますので非常にとっつきやすいと感じました。

 

全体の作品のノリに反して艦隊戦は地味目ですので思いの外硬派にやってますね。今後戦力増強した場合は別ですが。

 

あと主人公可愛い、つり目可愛い。

1人の読者がこれを役に立ったと思っています