cover

ダークスレイヤーの帰還 真の戦士と枯れぬ花、そして時の終わりの物語

イラスト:『影人の皇女、クロウディア』ゆーたん様より
公開日時:2020年9月3日(木) 22:05更新日時:2021年9月17日(金) 22:06
話数:154文字数:887,317
ページビュー
11129
ポイント
10915.3
ブックマーク
116
レビュー
4
作品評価
N/A

あらすじ

【日間総合一位複数達成ありがとうございます!】【HJ小説大賞2020後期、最終選考!】

 

 かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。

 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。

 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。

 

 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。

 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。

 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。

 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。

 

 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは?

 

 これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。

 

※総文字数は250万字を超える予定です。

※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。

 

 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。

 

 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。

 

【各章の紹介】

 

序章・主人公の目覚めと『眠り女』たち、そして魔の都。

 

第一章・工人の女アゼリアと、銃を使えるようになるまでの物語。

 

第二章・大国バルドスタの王女アーシェラが、古い困難を取り除くまでの物語。

 

第三章・ゴブリンの姫ゴシュの一族の敵討ちで、帰らずの地へ。【現在執筆中】

 

第四章・狼の魔女ファリスと魔女協会、そして黒い森の物語。

 

第五章・北のアンスリノラを出る、最後の眠り女カルラの物語。

 

以降順次発表・執筆していきます。

レビューを投稿するにはログインが必要です。

全てのレビュー

殴り書き書店
殴り書き書店 投稿日:7月24日

はい、どもども、お久しぶりでございます<(_ _)>

変なレビューを書かせたらNovelismさん1と言う噂の、殴り書き書店でございます♪

 

……っで、今回も例に漏れず。

作品内容には一切触れず、コチラの作品のなにが良いかを伝えていきたいと思います。

 

それでまぁ、この作品の、なにが良いか?と問われましたら。

タイトルでも書いた通り『文章の表現が非常に巧』で、それに伴って『物語が非常にスムーズに進んでいく』ので滅茶滅茶ストレスフリーなんですよ。

 

その証拠に私、この80万文字ある作品を【3日で読みました】からね。

 

私もここまで読みこんだのは、流石に初めてただったのですが。

もぉ、全然苦にならずに、最新話まで行き付きましたです。

 

……っで、レビューする2つ目の理由は。

非常にキャラクターや、世界観などの設定が【事前】に練り込まれている事ですね。

 

要するに、小説を書くまでの前準備が凄いんですよ。

 

これは実に凄い事でして、作者さんの「絶対にエタらない」っと言う強い意志の表れでもありますからね。

(これだけ練り込んで、エタる人もいないと思いますけどね(笑))

 

そして、そんな風に綿密に計算されているが故に、物語の辻褄が合わないと言う事もなく。

『ドンドンと読者さんを自分の世界に引き込んでいく』っと言う感覚を味わって頂けると思います。

 

 

ですので。

①【物語に、読者さんを引き込む手法を知りたい方】

②【どうしたら、物語の辻褄を合わせながらスムーズに話の展開を作り方を知りたい方】

は、是非、読んでみてください♪

 

レビューするぐらいですから、内容が面白いのは当然の事として。

その他にも、その手の手法を学ぶのにも凄く適した作品に成ると思いますので、読まないと損ですよ。

 

世の中、何をするにも勉強が必要ですからね(*'ω'*)ノ

 

―――レビューおちまい(笑)

1人の読者がこれを役に立ったと思っています
綾崎暁都
綾崎暁都 投稿日:3月13日

最新話まで読ませてもらいました。まだ連載中で非常に長い小説ですが、ダークファンタジーが好きな人にとっては、完璧にハマる作品だと思います。漫画の『ベルセルク』が好きな人は、好きなんじゃないかなと思います。自分も好きなので。でもストーリーそのものが違いますし、また違ったダークファンタジーものって感じですね。あまりに長いので、このキャラ誰だったけみたいな感じになると思うので、読み返しながら読み進めるといいと思います。期待大の作品なので、応援の気持ちも込めて、次はキャラやストーリーに関するネタバレにならない程度のレビュー書いていけたらと思っております。どんなストーリーになっていくのか、最新話の更新、そして完結楽しみにしております!

2人の読者がこれを役に立ったと思っています
つきかげ御影
つきかげ御影 投稿日:11月29日 更新日:11月29日

とにかくイケメンな主人公と、個性的な美女たちが勢揃いです。……と、ここまで聞くとハーレムを思い浮かべるかもしれませんが、苦手な方も楽しめるようになっています。何よりも女性との接し方がとても紳士的で、眠り女たちが彼に惹かれるのも納得いくんです。

 

「本格ファンタジー」と聞くと小難しそうな印象ですが、実際はとても読みやすい。きちんと話が進んでいますし、あっという間でいながら壮大なボリュームという絶妙なバランスはそうそう無いと感じます。

 

 それに作者がこだわりを細部まで落とし込んでいるおかげで、キャラや世界観から重みが伝わってきます。

 “こだわり”は読者を突き放すものではなく、むしろ一気に引き込ませるもの。それを思い出させる程のエネルギーがこの作品に詰まっています。

 

 あと、性的な意味が込められた文章も他には無い上品な言い回しで綴られてるところもポイントです。

 一文一文がとても丁寧で、Webだけに留まるのが正直勿体ないくらい。海外ファンタジーのように「分厚い本になってくれないものか」とも思います。この作品は文庫サイズでもB6サイズでも無けりゃ、10万字に縛られた厚さでもダメなんです。

 

 ファンタジーに没入したい方は勿論、(Web小説の)セオリーに悩む全ての書き手にもオススメしたい一作です。

 これからも追いかけます!!

2人の読者がこれを役に立ったと思っています
なつき
なつき 投稿日:9月28日

ダークファンタジーって敷居が高いと思うではありませんか。

でもこの方の作品はとても読みやすくて良いですよ。判りやすく本格的なファンタジー世界観に加えて魅力的なヒロインがたっぷり。そして主人公もかっこいいので言う事無しです。

 

皆さま、どうか手にとって宜しくお願い致します。

5人の読者がこれを役に立ったと思っています