cover

触手の魔女 ‐Tentacle witch‐ 魔法学院の落ちこぼれが、『スライム』と契約して『英雄』になるまで

公開日時:2022年11月1日(火) 17:00更新日時:2023年2月9日(木) 17:00
話数:109文字数:532,397
ページビュー
183
ポイント
5.1
ブックマーク
3
レビュー
0
作品評価
N/A
わたしの評価

あらすじ

触手は触手でもスライム触手。

スライムはスライムでも洋ゲースライム。

 

『スライム』と契約した落ちこぼれ魔女見習いのリンちゃんが『英雄』になるまでのお話です。

タイトルで魔女がどうとか言ってますけど、戦闘スタイルは剣術主体のスライムナイトです。

 

毎日17時更新。

 

―真面目なあらすじ―

 

リンは魔力量に恵まれず、簡単な魔法すら満足に扱えなかった。生来、負けん気の強いリンはそんな現状を良しとせず血の滲むような努力を重ねたが、持って生まれた資質が物を言う魔力量はもちろん、感覚的な部分に依存しがちな魔力操作の方も一向に改善できずにいた。

 

足掻けども足掻けども、『クレプスクルム魔法女学院、開校以来の落ちこぼれ』……そう蔑まれた。

 

だが、心身ともに追い詰められた頃、ある転機を迎える。中等部二年生への進級に合わせて、【契約召喚】の課題が出されたのだ。

 

【契約召喚】とは、魔法使いが一人前になるまでの間に必ず行われる通過儀礼(イニシエーション)。隣り合う〝魔界〟と交信し、魂の共鳴に適う存在と契約を結ぶ魔法。通常の【召喚魔法】と違い、この時に結ばれた契約は一生涯にわたって継続される。

 

もはや、現状を打破する道は他にないとリンは全てを賭けて【契約召喚】に臨む。

 

だが、【契約召喚】によって現れたのは研究素材にしかならないような下等な魔物――『スライム』だった。

 

八方塞がりの現実に絶望するリン。そんなリンに対して、本来なら喋ることもできない筈の『スライム』が語りかける。

 

「――おい、お前がオレ様の召喚者か?」

 

 

この時、転機を迎えたのは、何もリンと『スライム』の両者だけではない。

 

まだ当人たちすらも理解していないことだろうが、両者の出会いはあまりにも多くの人々に取って重大な転機となる。

 

――今、運命の歯車は人知れず噛み合い、少しずつ耳障りな軋音を響かせながら回り始めた。未だ小さなその音に気付く者はいない。だが、いずれは誰もが気付かされることになる。その時になって耳を塞ごうとしても、もう手遅れだ。

 

王党派も諸侯派も

国教派も民宗派も

植民者も土着民も

 

一切の区別なく、大いなる『革命』の渦中へ引きずり込まれる。

 

何千何万という人間が織りなす抗い難き時代の流れを前にして、果たしてリンは何を見、如何なる道を選ぶのだろうか。