cover

レベルを上げたい聖女様は、転生ゲーマーの侍賢者と旅をする。 〜ほのぼのレベリング・スローライフ〜

イラスト:Lucenero
公開日時:2021年6月2日(水) 17:24更新日時:2021年6月2日(水) 17:24
話数:4文字数:14,347
ページビュー
170
ポイント
0
ブックマーク
2
レビュー
0
作品評価
N/A
わたしの評価

あらすじ

「わたし、お宮のダンジョンを攻略する!」

 

月の宮の聖女である月乃は16歳。Lv8。

典型的な箱入り娘である月乃は、お宮の庭園が好きだった。

四季で移ろう花々の顔ぶれ。

時間帯で現れる木漏れ日の神秘スポット。

訪れる動物達のすみか。

庭園のことは何でも知っていた月乃がある日、祠の奥に適正Lv40の秘密のダンジョンを見つける。

 

15歳で成人する者たちの平均lv40と同じ「大人である」ことが挑戦条件のダンジョン。

聖女のステータス補正の上にのんびり構えて慎ましく生きていた月乃は、過保護な周囲の反対を押し切ってレベル上げの旅にでることに……!

 

 

月乃の目的地である、鬼の国。

その弔者ギルドに所属している雅日は、VRMMO御伽世界譚によく似る異世界に転生してきた元ゲーマーだった。

 

心の理に精通し、操る賢者クラス

突き詰めた武の道理から近接戦を制する侍クラス

 

二つのクラスを意のままにする彼は

報われなかった感情を弔う《弔者》という仕事を通して、人生をかけた〝目的〟のためにひたすら研鑽を重ねていた。

 

「俺の仕事はダンジョンの床なめ掃除屋を量産することじゃない。レベルが高くなっただけの大人になろうとするな」

 

「うっ……楽したいのバレてるし、正論過ぎてぐぅの音も出ないっ」

 

 

価値観も身長も凸凹な二人は、自分とは違う生き方に少しずつ惹かれてゆき――。

 

低Lv聖女×高Lv侍賢者が送る異世界✕恋愛=最高の冒険譚 がここに説かれる!

 

(ノベルアップとなろうでも公開予定です)

 

Twitterにキャラの挿絵ります。

こちらもフォローで応援してくれると、イラストと小説更新が加速します!

⇨ @Lucenero_