cover

終極の鐘 月の王子と青灰色

公開日時:2021年10月13日(水) 00:00更新日時:2021年10月18日(月) 09:09
話数:9文字数:19,839
ページビュー
74
ポイント
0
ブックマーク
0
レビュー
0
作品評価
N/A

あらすじ

それは祝福なのか呪いなのか。

彼のものに華やかな祝宴を告げるものではなく、厳かな終焉を迎えるもの。

今や穏やかな音を立て、その時が来る。

 

アウローラ王家、カスラーン家には、数十年から数百年に一度祝福を受けた子供が生まれ、その子供には身体のどこかに不思議な痣が浮き出る。それは祝福でもあり、呪いでもある。

アウローラ第一王子イエライは、その宿命に翻弄されながらも生きてきた。

妹姫が襲撃されたある夜、訳ありらしい一人の男と出会いーー。

 

 

 

緩い性描写、カリバニズム描写、ヴァニタス、死と乙女的な記述があるので、保険でR15つけてます。

 

 

 

執筆終了済。

以下の投稿サイトで、同時に不定期更新(毎日~三日の間で)します。

Novelismにのみ、キャラクター、地図などイラストを載せています。

※イラストについては他投稿サイトに載せる技量が、書いてる人にないだけです

 

Novelism

https://novelism.jp/novel/Zh9Q_d4hTVqXYQsNhLdNVw/

 

カクヨム

https://kakuyomu.jp/users/stellamiira

 

小説家になろう

https://ncode.syosetu.com/n1084hg/1/