天方セキトさんの作品レビュー

宝石の体を持つ少年の、優しい旅の記録。
天方セキト
天方セキト 投稿日:5月2日

この作品はセールスショーに出品されていた少年をクゥーカラット(縮めてクゥ)が買うところから物語が始まります。よくある奴隷と主人の絆を描いた物語のように見えますが大きく違うところは奴隷が宝石であるところ。肌はもちろん、目や耳などの全ての部位が宝石で出来上がっている少年であったということです。

 

 この少年はルルと名付けられてクゥと一緒に暮らすことになるのですがここからがまたいいところ。ルルが素直なのと良くも悪くも「悪」を知らないからクゥも読者も驚きのポジティブな考えを出してくれる。一瞬だけ心配になっちゃうかもしれませんが読む人にとっては誰かから言って貰いたいような励ましの言葉になり得るセリフがいっぱいです。

 

 ルルの正体を知る人間は少ないですが舞台であるビジュエラという街に住む人々も温かい人が多く、ルルも優しさとは何か、と学んでいきながら宝石少年の出生の秘密を探るファンタジーとなっています。主人公のクゥにも訳があるそうで長編構造としてはよくできていると思いました。

 

 誰かを救えるかもしれないルルのセリフや人情あふれるキャラクターを楽しみたい方は是非お読みくださいね。オススメです。

1人の読者がこれを役に立ったと思っています