cover
契約作品 連載中 長編 歴史・時代 / 冒険・バトル

Nostalgia ヴィクトリア朝蒸気機関譚

公開日時:2020年9月14日(月) 18:36更新日時:2021年6月8日(火) 18:06
話数:103文字数:341,183
ページビュー
15267
ポイント
8502.7
ブックマーク
231
レビュー
1
作品評価
9.8
わたしの評価

あらすじ

【第一回ノベリズム大賞受賞作品】

――1894年、大英帝国・倫敦

 イーストエンドで占い師をして生計を立てていた少女、メアリ・ジズ。

とある貴婦人から悩みを告白されたメアリは、それがきっかけで謎の組織に命を狙われる。

 救いを求めて飛び込んだ教会にいたのは『教授』と名乗る老紳士。

 そして彼の助手だという、不思議な目をした青年ウィリアムだった――。

 

 ※しばらくは週一回、火曜日・18時頃に更新します。

レビューを投稿するにはログインが必要です。

全てのレビュー

堅洲 斗支夜
堅洲 斗支夜 投稿日:12月16日

文章の美しさに圧倒され、次にとても高負荷であったはずの時代考証と設定の精密な一致と、豊富に過ぎる語彙。それらを多彩な一枚の物語として織り出されたこの物語は、ここ三十年の間に失われていた、そして現れるべき『失われたファンタジー』の答えの一つだと思います。

 この作品が読める事も嬉しいですが、契約作品となり、そして好きなだけ応援できるこの環境もとても嬉しく思っています。何しろ、無料で読み続けるにはとても気が引けていましたから。

 圧倒的に完成度の高い何かは、問答無用で受け取り手の心を静めます。この作品はまさにそのような小説と言えるでしょう。書き手としては良い意味で打ちひしがれつつ、一読者として深く楽しめるこの物語は、このサイトに訪れたなら読まなくては損だと思います。

 

 是非ご一読を!

1人の読者がこれを役に立ったと思っています