~歯車都市の電子妖精~ 狐娘を連れて留学したら吸血鬼に追いかけ回されているのはなぜだろうか?

公開日時:2020年11月10日(火) 12:25更新日時:2020年11月19日(木) 12:00
話数:10文字数:40,237
ページビュー
40
ポイント
0
ブックマーク
0
レビュー
0
作品評価
N/A
わたしの評価

あらすじ

蒸気仕掛けの自動人形が闊歩するアルスター王国の首都ルドウィック、機械工学院の留学生としてこの国を訪れていた高科亮介は、初投稿初日に少年少女と出会う。 

 

褐色の肌を持つ二人は列強の植民地と化しつつある藩王国の王族シュリーと貴族のアンシュ、学友として同じ学校に通いながら、仲良くなってゆく三人。そして、その家の使用人として雇われていた片腕が義手の退役軍人メイソン。

 

食事と報酬でつられて始めたお使いのバイトだったが、シュリーが純白の自動人形「シルヴィ」を手に入れたのをきっかけに、亮介達は吸血鬼から命を狙われることとなる。

 

なぜ、吸血鬼は彼らを襲うのか? 様々な思惑が交差する中、亮介と取り憑いた狐の嫁「茜」の冒険が始まる。

 

蒸気と解析機関が支配する世界を駆け巡る、ライトスチームパンク、ここに開幕。