cover

アイリーンはホームズの夢を見たのか? 「おやすみなさい。シャーロック・ホームズさん」AIはこう言うか?

公開日時:2021年11月23日(火) 21:14更新日時:2021年11月30日(火) 23:56
話数:5文字数:6,547
ページビュー
58
ポイント
0
ブックマーク
0
レビュー
0
作品評価
N/A

あらすじ

一人の猟師が雪山にて死体で発見された。

 

熊に襲われたと思われるその死体は顔に引っ搔き傷のようなものができていた。

 

果たして事故かどうか確かめるために現場に向かったのは若手最強と言われ「ホームズ」の異名で呼ばれる刑事、神之目 透。

 

そこで彼が目にしたのは「アイリーン」と呼ばれる警察が威信をかけて開発を進める事件解決補助AIだった。

 

刑事 VS AIの推理対決が今幕を開ける。

 

 

このお話は、現在執筆させてもらっております、長編「半月の探偵」の時系列の少し先のお話です。とはいっても半月の探偵とは内容的な関連はほぼありません。