時を止められる元最強勇者の俺。まったり暮らそうと、正体隠して荷物持ちをしていたら弱い奴はいらないと追放される。俺の援護無くて大丈夫?は?戻ってきてくれ?もう遅い。ロリ元魔王に国賓として招待されました。 魔族の幼女とスローライフ&ざまぁ

公開日時:2021年2月10日(水) 04:29更新日時:2021年2月11日(木) 20:24
話数:5文字数:10,522
ページビュー
136
ポイント
9.8
ブックマーク
1
レビュー
0
作品評価
N/A
わたしの評価

あらすじ

【なろうでも同じタイトルで連載しています!】

 

 Aランクパーティ『深紅の鷹』の荷物持ちであるクロノスは、ある日リーダーのエレンから追放される。

 

「実は俺、荷物持ちついでにお前らの援護してたんだぜ? 俺抜けたらお前ら死ぬけどいいの?」

 

「嘘を付け! 何もしてないだろ!」

 

 ただ、彼らは知らなかった。クロノスが三年前魔王を倒した元勇者であることを……。

 

 実はクロノスが戦闘中に時を止め自分たちのサポートをしていた事を……。

 

 クロノスがいなくなり、Aランクパーティー深紅の鷹はBランクモンスターに壊滅的被害を受ける。

 

(くっそ! あの時クロノスが言った言葉は本当だったのか!)

 

 仲間が殺されたエレンはクロノスを追放した事を後悔する。

 

 一方その頃……クロノスは、今や幼女になってしまった元魔王ロゼに国賓として招待されていた。

 

「お主の望むものなら何でも用意する! だから儂の城に来てくれ!」

 

(めっちゃ……いいじゃん)

 

 ロゼに国賓として招待されたクロノスは、そこで叫んでいた。

 

「おかしいとは思ってたんだ! なんたって魔王であるお前が直々に俺に頼み込みに来るからな! なんで部下が二人しかいないんだよ! しかもガキ!」

 

 そこにいたのはドワーフの幼女ピットと、ダークエルフの幼女エリザ。

 

 ロゼはピットとエリザと共に日銭を稼いで暮らす日々だった。

 

 そしてクロノスは決意する。

 

(ガキが腹を空かせてどうする! 肉を食え! 飯を食え!)

 

 国賓なのにモンスターを倒し、幼女達に良いものを食べさせる日々。

 

 クロノスは幼女三人と暮らしながら、徐々にこんな生活も悪くないなと思っていく。

 

 デメリット無しの時を止める力で完全無双!

 

 悪役には圧倒的力を見せつけます!

 

 幼女がとにかく懐いてきます!

 

 チートすぎる元勇者のスローライフ&ざまぁ物語です。

レビューを投稿するにはログインが必要です。

全てのレビュー

レビューはありません。