cover

ニコチアナ・タバカム それは、わたしが闘う理由たりえるか――某国・公安調査庁 VS 反政府組織『ハムレット』。今、ふたつの勢力を掌で転がす時だ。

公開日時:2021年9月15日(水) 07:51更新日時:2021年9月18日(土) 22:12
話数:4文字数:12,007
ページビュー
72
ポイント
0
ブックマーク
0
レビュー
0
作品評価
N/A
わたしの評価

あらすじ

『あんたは真面目すぎるのよ。ひとりで悪役を引き受けるつもり? なんのメリットもないわ――いや、だれが悪いとかじゃない、とにかく、このくそったれな時代が悪いのよ。悪い時代に生まれたのが運の尽きなのよ』。

 

某国、公安調査庁の調査官であるオフィーリアは反政府組織「ハムレット」壊滅の命を受け暗躍していた。不換紙幣の発行の噂も立ち、弱体化する政府。公安調査庁の上司レイアはオフィーリアにあることを一任する――。