cover

春秋館 <一話完結型 連続小説> 様々な人たちが今日も珈琲専門店『春秋館』を訪れます。

公開日時:2022年5月11日(水) 15:45更新日時:2022年6月27日(月) 13:02
話数:18文字数:38,317
ページビュー
167
ポイント
36.6
ブックマーク
0
レビュー
0
作品評価
N/A
わたしの評価

あらすじ

都会の片隅に佇むログハウス造りの珈琲専門店『春秋館』は、その名の通り「春」と「秋」しか営業しない不思議な店。

寡黙で涼しい瞳の青年店長と、憂いな瞳のアルバイトのピアノ弾きの少女が、訪れるお客様をもてなします。

物語が進む内に、閉ざされた青年の過去が明らかに、そして少女の心も夢と恋に揺れ動きます。

お客様との出逢いと別れを通し、生きる事の意味を知る彼らの三年半を優しくも激しく描いています。

 

100話完結で、完結後に青年と少女の出逢い編(番外編)も掲載予定です。

ほとんどが『春秋館』店内だけで完結する一話完結型ですが、全体の物語は繋がっていますので、ぜひ順番に読み進めて頂けましたら幸いです。