cover

火曜日のアリア 幼い日の惨劇の旋律は、血の匂いとともによみがえり、そして再び繰り返される

退会したユーザー ?
退会したユーザー
公開日時:2021年5月25日(火) 16:31更新日時:2021年5月28日(金) 13:33
話数:9文字数:17,202
ページビュー
77
ポイント
0
ブックマーク
0
レビュー
0
作品評価
N/A
わたしの評価

あらすじ

天使のような美貌と天才的な音楽センスを持つ自閉症の兄の影で、両親に冷遇されてきた凡庸な弟。

子供時代のただ1人の理解者だった女教師に起きた惨劇から、20年近い時を経た彼の目の前に、兄にソックリな美少女が現れたとき、押し殺してきた恐怖の記憶が血の匂いとともに鮮烈によみがえり……

 

トラウマ青年と謎の女子高生 / 秘密結社。陰謀。未解決殺人。

 

※この作品はフクションです。

※テキスト中の「自閉症」に関する見解は、

 作中のキャラクター目線によるものです。

 作者の見解を反映するものではありません。