堅洲 斗支夜さんの作品レビュー

一撃の勇者
-神から与えられた祝福はひのきの棒で戦う才能でした-
堅洲 斗支夜
堅洲 斗支夜 投稿日:5月26日

いやもう、読んで本当にびっくりしました。

 一見、流行のプロットと構成のようでいて、それがミスリードになるようなしっかりした説得力と世界、そして魅力的な登場人物たち。

 この物語を読むと、『ひのきの棒』のイメージまでが変わってしまうのです。とにかくかっこいい何かになってしまう。それくらい、この物語は一見今まであったようなものを、とても独自性高くて格好良いものに昇華させてしまっているのです。苦労人の主人公も飾り気がなく、かと言って男気があり、増えていくヒロインたちもわざとらしさが無くていい子ばかり。自然と応援したくなる魅力にあふれています。

 

 物語の背景にも壮大にして厄介な何かが見え隠れしているので、それらの回収もどうなるかとても楽しみです。

 とにかく面白いし、読み始めたら止まらないので、是非一読を!

2人の読者がこれを役に立ったと思っています