cover

忌み子の妖滅師が成り上がる妖怪伝奇 妖滅師は妖怪達の危機を救えるのか

公開日時:2021年6月6日(日) 17:00更新日時:2021年7月18日(日) 20:00
話数:11文字数:32,731
ページビュー
73
ポイント
2.4
ブックマーク
0
レビュー
0
作品評価
N/A
わたしの評価

あらすじ

忌み子と呼ばれる妖滅師簑島明拓は義父である簑島義明に最後の心残りを託される。

「とある横丁にいる友人達をお前に頼みたい」

明拓は育ててもらった恩があり、それを快諾する。

教示された場所へ向かった彼に待ち受けていたのは本来は敵である筈の妖怪だった。

 

最初は敵対していたが、話を聞いていくと妖怪達は義明の友人であった。しかし、彼ら妖怪は消滅の危機に立たされていた。

 

彼は思い悩む。

妖滅師として振舞うか義明の養子として振舞うか。そして、彼は決断する。

義明の友人達を救う事を。

 

消滅を回避する為に奔走するが、それを邪魔をするように彼を忌み子として嫌う妖滅師や彼と妖怪達を亡き者にしようとする悪しき妖怪達が彼らの前へと立ちはだかる。

騒動を解決していく内に忌み子として揶揄された彼は徐々に周りから認められ始める――。