cover
契約作品 連載中 長編 現代世界 / 戦争

英雄魔導船 我赴くは、昏く深い魔窟の中へ

公開日時:2020年9月1日(火) 07:00更新日時:2021年11月24日(水) 07:00
話数:163文字数:580,895
ページビュー
24388
ポイント
6824.8
ブックマーク
205
レビュー
1
作品評価
9.5
わたしの評価

あらすじ

 日本のとある町。

 どこにでもいる普通の高校生・如月祐二のもとへ、とある人物がやってきた。

 

「パンパカパーン! おめでとうございます、祐二様! あなたは厳選なる抽選に選ばれました!」

「なんの話ですか? とても胡散臭いんですけど」

 

 統括会の職員と名乗る比企嶋慶子は、祐二に海外への大学推薦の話を持ってきた。

 

「この推薦を拒否された場合、総理大臣が直接説得に来るそうですよ。もしそれでも断るなら、『かしこきあたり』にご登場願うことになるでしょう」

 

「なんですか、その畏れ多い話はっ! そんなの、絶対に止めてくださいね!」

「では、推薦を受けることでいいですね!」

 

 同じ頃、ドイツ貴族のカムチェスター家では、船長をテロで失い、魔導船が自壊の危機に瀕していた。

 

 数年のうちに、何としても新たな船長を見つけなければならない。

 だがカムチェスター家の血を引き、高い魔力を保持する者など、簡単に見つかるものではない。

 

 叡智の会、巨大企業ゴラン、栄光なる十二人魔導師の子孫たち、テロ組織ヘスペリデス、バチカンの異端審問委員会、投資家企業連合のダックス同盟、アルテミス騎士団……各団体がそれぞれの思惑のもと、世界は危うい均衡の中で成り立っていた。

 

 魔導船を駆る魔法使いたち、地球を脅かす侵略種との戦い、魔導船が見つかったとされる『はじまりの地』……これはのちに、『英雄魔導船』と呼ばれるようになる一隻の魔導船と、それにまつわる人々の物語である。