九藤 朋さんの作品レビュー

ドーナツ穴から虫食い穴を通って魔人はやってくる
時間の壁を超えて王になる!分断された世界の内と外、それぞれで紡がれる物語
九藤 朋
九藤 朋 投稿日:12月24日

この作品に出逢い、私は驚いた。枠に囚われない世界観のスケールの大きさ。

人々はあくまで人間臭く、汗や芳香の匂いがする程である。清らかな聖人や無双の勇者はいない。

もがきながら明日へと手を伸ばす人たちの生き様が克明に描かれている。

陰謀、謀反、闘争。決して生易しくない物語の中で、私自身もまた彼らの内の一人となった気がした。

主人公のユゼフはチートの勇者などではない。人並みに悩み煩悶し、成長していく。むしろ作中では弱い人の部類に入るだろう。

そんな彼が、または彼らが、剣を取り戦う姿に打たれる。

これは、唯一無二の逸品である。

1人の読者がこれを役に立ったと思っています