泡沫ニ散ル 鬼の絵巻は悲恋を詠う

公開日時:2020年11月1日(日) 23:16更新日時:2021年1月20日(水) 13:13
話数:28文字数:56,386
ページビュー
240
ポイント
86
ブックマーク
4
レビュー
0
作品評価
N/A
わたしの評価

あらすじ

 かつて酒呑童子を討ち取った時、彼を鬼に変えた女の邪気が体内から漏れ出た。それにいち早く気が付いた陰陽師は自らの命と引き替えに、女の怨念を100に分けて、絵巻の中に封印する。

 「妖怪絵巻」と呼ばれるそれは、哀しくも美しくも儚い恋の物語が綴られていた。

 妖怪絵巻は同じ痛みを抱えている少女に取り憑き、実体化し、悪さを働く。

 

 泡沫、賀照、銀雪の三名は、人の世と傷ついた少女の魂を救済するため、江戸の夜を駆ける。