完結済 短編 現代世界 / 恋愛

恋の告白に相談する相手がもののけだったらどうすればいい……。

公開日時:2021年6月10日(木) 19:00更新日時:2021年6月10日(木) 19:00
話数:1文字数:4,871
ページビュー
68
ポイント
0
ブックマーク
0
レビュー
0
作品評価
N/A
わたしの評価

あらすじ

1度好きになったら、お得意のラブレターを書いて告白を重ねてもフラれ続ける男子、国白史朗(こくはくしろう)。

今度好きになった相手は学園でも無類の可愛さを誇る同級生の美少女、古井深(こいふか)アリサ。

彼は今度こそ意中の彼女を掴むために、帰宅して恋文の内容に頭を悩ませるが、中々良いアイデアが浮かんでこないため、その凝りきった頭を冷やそうと一人暴走する。

すると突然、恋文を書いていた机が大きな口を開けて関西弁のおっさんのような語りで史朗に向かって喋りだした。

その机は何十年も時を重ねてきた妖怪化した『もののけ』の類いで、自身を『ツクエ』と名乗り、史朗の恋を後押ししようと計画を一緒に練るが、彼のセクハラ全開なラブレターを目の前にして、考えを改め、全面から彼をフォローすることになる。

はたして経験豊富のツクエのアドバイスにより、史朗の恋は無事に実るのだろうか。