Maria ―異端審問会の聖女― あの日――。彼女の運命が変わった。

公開日時:2021年10月1日(金) 23:25更新日時:2021年10月12日(火) 04:30
話数:29文字数:102,336
ページビュー
86
ポイント
0
ブックマーク
0
レビュー
0
作品評価
N/A
わたしの評価

あらすじ

 19世紀末。ヴァチカンにある、奇跡や怪奇を扱う部門〝異端審問会〟に所属するシスターのマリア。ロンドンのスコットランドヤードの依頼で、〝切り裂きジャック〟による連続殺人事件の解決に協力するため、現地に赴くように命じられる。

 ロンドンで4人の怪奇な事件の専門家たちと落ち合い、協力して犯人を追うことになっていたが、現地にいたのは5人のハンターたち。1人は紛れ込んだ誰かで……それは、敵だ。

 やがて、犯人を特定したマリアだったが……。

 

 下って20世紀。イタリアのフィレンツェ近郊で、かつての〝切り裂きジャック〟が甦ったかのような連続殺人事件〝イル・モストロ事件〟が発生。マリアは〝切り裂きジャック〟が関与していると睨み、再び事件に挑む。

 しかし、86年を隔てている事件にも拘わらず、マリアは以前と変わらぬ姿のままだった。

 

 2世紀にまたがる2つの事件を追うマリアとは、いったい何者か――?

 

 

 実話である2つの事件を基にした物語。