ある化学者(ケミスト)転生 〜無能錬金術師と罵られ、辞めろと言うから辞めたのに、今更戻れはもう遅い。記憶を駆使した練製品は、規格外の良品です〜

公開日時:2020年11月2日(月) 14:16更新日時:2020年11月28日(土) 05:05
話数:26文字数:102,854
ページビュー
239
ポイント
6.4
ブックマーク
2
レビュー
0
作品評価
N/A
わたしの評価

あらすじ

「嫌なら辞めろ。ただし、お前みたいな無能を使ってくれるところなんて他にない」

 

 何回聞いたか分からないその言葉を聞いた俺の心は、ある日ポッキリ折れてしまった。

 

「分かりました。辞めます」

 

 そう言って文字通り育ててもらった最大手ギルドを辞めた俺に、突然前世の記憶が襲う。

 前世の俺は異世界で化学者《ケミスト》と呼ばれていた。

 

「なるほど。俺の独自の錬成方法は、無意識に前世の記憶を使っていたのか」

 

 通常とは異なる手法で、普通の錬金術師《アルケミスト》の到底及ばぬ技能を身に付けていた俺。

 さらに鮮明となった知識を駆使して様々な規格外の良品を作り上げていく。

 

 ついでに『ホワイト』なギルドの経営者となり、これまで虐げられた鬱憤を晴らすことを決めた。

 

 これはある化学者が錬金術師に転生して、前世の知識を使い絶品を作り出し、その高待遇から様々な優秀なメンバーが集うギルドを成り上がらせるお話。

 

他のサイトでも掲載しています

    1. 第1話【お前を使ってくれるところなんて】
      3,895字2020年11月2日(月) 14:16
    2. 第2話【異世界の常識、世界の非常識】
      3,828字2020年11月3日(火) 00:08
    3. 第3話【ギルドメンバー第一号】
      2,950字2020年11月15日(日) 06:31
    4. 第4話【魔法薬の効果】
      3,060字2020年11月15日(日) 06:32
    5. 第5話【新しい精錬方法】
      3,931字2020年11月15日(日) 06:34
    6. 第6話【鍛冶職人カーラ】
      4,113字2020年11月16日(月) 09:43
    7. 第7話【ギルド脱退の代償】
      3,377字2020年11月16日(月) 21:37
    8. 第8話【カーラの腕】
      3,379字2020年11月17日(火) 03:59
    9. 第9話【思わぬ副産物】
      4,276字2020年11月17日(火) 10:35
    10. 第10話【品質管理】
      4,370字2020年11月17日(火) 22:07
    11. 第11話【落ちこぼれテイマー】
      3,994字2020年11月18日(水) 10:19
    12. 第12話【スライム器具】
      4,388字2020年11月19日(木) 03:47
    13. 第13話【売り先】
      4,096字2020年11月19日(木) 13:20
    14. 第14話【口コミの力】
      4,069字2020年11月19日(木) 23:20
    15. 第15話【来訪者】
      4,337字2020年11月20日(金) 03:31
    16. 第16話【特別依頼】
      4,063字2020年11月21日(土) 03:15
    17. 第17話【今更戻れはもう遅い】
      4,088字2020年11月21日(土) 08:18
    18. 第18話【品質の違い】
      4,099字2020年11月21日(土) 11:11
    19. 第19話【過去のしこり】
      4,189字2020年11月22日(日) 03:21
    20. 第20話【実験の成果】
      4,003字2020年11月22日(日) 21:17
    21. 第21話【ギルド祭開催】
      4,009字2020年11月24日(火) 03:16
    22. 第22話【嫌がらせ】
      4,100字2020年11月25日(水) 03:13
    23. 第23話【精霊の寵愛】
      3,910字2020年11月26日(木) 03:10
    24. 第24話【バカ売れ】
      3,969字2020年11月27日(金) 03:14
    25. 第25話【それぞれの終わり】
      4,519字2020年11月28日(土) 02:25
    26. 第26話【本当の終わり 】
      3,842字2020年11月28日(土) 05:05

著者の他の作品

読者はこんな作品も読んでいます