cover

魂鎮めの巫女は祓わない 忘れ去られた神様と、トラウマを抱えた少女が相見えた時、物語は動き出す

公開日時:2022年1月4日(火) 08:32更新日時:2022年9月16日(金) 17:05
話数:118文字数:516,243
ページビュー
216
ポイント
87.9
ブックマーク
0
レビュー
0
作品評価
N/A
わたしの評価

あらすじ

「殺されるか監禁されるか、どちらが好みだ?」

修学旅行先の出雲大社で少年にそう囁かれた後、幽子(ゆうこ)の信じていた日常は終わりを告げた。

何かの冗談だと思い、あの言葉をすっかり忘れて登校した幽子を待ち受けていたのは転校生として現れたあの少年だった。武瑠(たける)と名乗った彼は幽子に契約書を渡す。そこには幽子と彼の両親が結んだ契約であること、そして幽子が15歳になったら彼の両親に幽子を預ける旨の文言が連なっていた。

武瑠の正体は影で帝に仕え、仇なす存在から帝を守る家の末弟だった。そのため帝に敵対する存在に近い幽子を監視するために転校してきたと告げられる。

死ぬのも監禁されるのも回避したい幽子は武瑠から霊力抑制の訓練や霊力の扱い方について手ほどきを受けていく中、武瑠の兄弟とも日本神話や古い神社の疑問点をすらすらと挙げて解釈を述べるうちに打ち解けて次第に彼の家族の一員となっていく。武瑠のお陰で一時は幽子が帝に仇なす怨霊を封印で抑え死を回避したかに思えたが、ある事件がきっかけで彼女はかつて幽界の王に任じられ、帝を脅かした怨霊に魅入られてしまい、何としても怨霊の復活を阻止する一派により出雲の地へと連れ去られてしまう。怨霊の正体は?幽子はそこで何を思い、どう行動するのか……